« 今日の | メイン | イベントの案内到着 »

2010年3月26日 (金)

自分を試す・・・標高833mチャレンジ

今日は自分を試す為、兼ねてより考えていた九千部山に挑戦した。

朝9:30会社より夜勤明けで帰宅して、トースト2枚を頬張る。

とにかく北風が寒いので、ネックウォーマーとシューカバー、

長Tとフリースを着て、ウインドブレーカー上下、

グローブは冬用が無いので、春物を着用し準備完了。

そして、10:00出発。

Sh380180

上の写真の、歩行者看板の下の矢印が目標。

今日は奥さんが昼に帰ってきて、また、かつみ屋さんで、うどんを食べる約束なので、

13:00までに帰宅しないといけないな・・・等考え走る。

10:30分バイパスからの、登り口よりアタック開始。

Sh380181 Sh380183

まずは河内ダム。ここまでで、少し汗が出始めたので、

ヘルメット下のニット帽と、ネックウォマーを外し、ポッケに入れて2分で再スタート。

桜がほぼ満開で綺麗です。

ギヤは一番負荷を軽くして行きます。

急に勾配がきつくなります。

Sh380184 Sh380185

これからはとにかく坂・・・平坦はない。

Sh380186

これより民家は無い。

激坂は勢いを増すばかり。

Sh380188

半分ほどの所で・・・「通行止め」?

Sh380187

少し迷ったが、行ける所まで行ってみよう、とそのまま登る。

ここまでは、正直登りながら写真を撮る余裕があった。

これから先は、帰りに撮影。

Sh380194

傾斜角度が、おおよそ10%を超えるような道が続いた。

グネグネ行って、崖の陰から次々に坂が現れる。

立ちこぎしないと登れない様な道がかなり続き、

汗ダラダラ、襟元から出た汗が、気化して湯気立ち、サングラスが曇ってしまう。

感覚で、残り1割ぐらいかな?と思ったところで、工事しているおっちゃんに、

「ゴールは近いぞー、頑張れー!」と励まされ、「ありがとう」と返す。

Sh380193

この辺りからの道は、半端じゃなかった。

間違いなく10%越え。

この坂の途中でも工事のおっちゃん3人から励まされる。

誰もいないので、きつい坂では「ウォー」とか、「クッソー」など叫びながら登る。

頂上はすぐそこ、林の上の風が凄いが寒さを感じない。

ふと見ると日陰に、

Sh380192_2 雪が有る。

Sh380191 Sh380189

そしてほぼ頂上。

思わずガッツポーズ。

Sh380190

NHKやSTSの中継局。ここが展望台とほぼ一緒の標高。833m。

河内ダムで、ニット帽など外した2分間以外は、NonStop。

時間にして、1時間10分42秒。

しかし、寒い。風が強い。

展望台まで行きたかったが、寒い。歩きにくい。

建物の陰で記念のメールを送ると、3回失敗。

アンテナが1本しか立たない。

そそくさと帰り仕度。

ニット帽と、ネックウォーマーをつけて、下る。

とにかく寒い、手がかじかんで前後のブレーキを使わないと力が入らない。

なんだか登りより過酷。

30分でスタート地点のバイパスに到着し、

家までの道のりは、足が回る回る。軽快に回る。寝ていないのでナチュラルハイ?

疲れも殆ど無い。あるのは充実感?本当は「もう一回行けそな感じ」。

しかし、奥さんとの約束が有るので12:50帰宅。

シャワーを浴びて、かつみ屋さんで、また、かき揚げ丼セット。

Sh380153 美味かった―!

いやー楽しかった。征服感と言うか・・・自信がついた。

結果オーライのチャレンジだった。

明日も天気がいいので、走ろうかな?

833mチャレンジの記録

走行時間 2時間13分

距離 36.3km

スピード Av16.4km/h max40.7km/h

心拍 Av150 max183

ケーデンス Av63 max118

消費カロリー 1522kcal

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/468177/23701694

自分を試す・・・標高833mチャレンジを参照しているブログ:

コメント

おお!がんばったね!
寒かったろう。
走りたくなくなる寒さやね。
俺は明日時間があれば佐賀センチュリーランのコースを下見がてらに走ろうと思ってますよ。

しかし、仕事で階段上り下りで左膝が死んでます。
激痛で痛み止め飲んでるんだけど....

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。